親父の手仕上げクリーニング

 衣類は素材・デザイン・汚れ具合全てにおいて同じ物はありません。同一機械だけの仕上げでは、衣類に負担も大きくかかるものもあり、元の形に近づけることは難しいです。
 当店は北九州市に店を構えて50年以上になります。機械も使いますが、最後はアイロン手仕上げを行います。生産性が機械には勝てませんので、機械仕上げへと移行しようとした時もありました。
 お客様から「お金は出してもいいので綺麗にして」「いい物はファミリーさんにしか出せません」「いつも綺麗にしてくれてありがとう」と言っていただき、やはり手仕上げって最高だと思います。
 どうぞお気軽にクリーニングの事、家庭洗濯の事ご相談してください。
 いつまでも、お客様の大切なお洋服と笑顔の為に、アイロンをかけ続けたいと思います。

染み抜きは先代が40年以上前から取り入れて研鑽してきました。その技術を受け継ぎ、そして進化させるために、京都の最近の道具と技術そして知識を取り入れております。日々進化する素材、そしてより複雑になるシミ。いつもとどまることなく学び続け、お客様の大切な衣類からシミを取り除き続けたいと思います。
 一昔若い時は、それこそ北は北海道、南は沖縄からの依頼もありました。こなしきれない段ボールに囲まれた時は、さすがにウツになりました。
 たくさんのメディアにも取り上げていただき、数えれば100回以上の取材を受けさせていただきました。
 きっと染みでお悩みの方のお役に立てると自負しております。お気軽にご相談してください。